ディフェリンゲルの正しい使用方法

ニキビ治療によく使われる「ディフェリンゲル」について、正しい使用方法・効果が出るまでの使用期間などについて詳しくご説明していきます。

ニキビ

1、ディフェリンゲルの使用方法

ディフェリンゲルは、基本的に1本15gの薬で顔をメインに使用していく薬になります。
顔に使用した場合、1本で約1ヵ月は持つと言われています。

1回の使用量として顔全体に塗った場合、ワンフィンガーチップユニットという指の関節1個分ほどを指に取って2週間から1ヵ月ほど使用していきます。

ディフェリンゲルの塗り方としては、ニキビが多数出ている方、10代20代で脂が多く分泌されている方、顔全体にプツプツとニキビが出ている方は、顔全体に1日1回塗ることがオススメです。

ディフェリンゲルを顔に塗布する際に、気をつけていただきたいことがあります。
目尻や口角といった皮膚の薄い部位やよく動かすところは、薬を塗ることによって反応が強く出て切れてしまうことがあります。

そのため目尻、口角は避けて塗るようにしてください。そういった意味では、頬なども面で広く塗った方が効く薬になります。

2、ディフェリンゲルの副反応

ディフェリンゲルは、塗ってすぐに効果が現れる薬ではありません。使用しはじめてから2、3日経過すると少し反応が出てきます。

反応としては、2週間ほどは肌がカサカサしたり、赤みが出たり、ヒリヒリ感を感じたりなどの肌荒れしているような反応が出てきます。

ニキビ 赤み

反応が強すぎる場合は、ディフェリンゲルを毎日塗るのではなく、1日おきに塗るなどして薬を使用するペースを調整すると良いかと思います。

また、別の方法としてはヒリヒリ感が強くなり薬を塗るのが辛くなってきた場合は、一度薬の使用を止め、ヒリヒリ感が治ってから再度使用をはじめ、またヒリヒリが強くなってきたら薬にストップしてというように使用していく方法もあります。

無理をして使用をしていくよりも、無理のない範囲で使用していくことが大切です。

クリニックによっては、ヒルドイドローションや保湿剤をディフェリンゲルと一緒に塗ってくださいと処方するクリニックがあるのですが、あまりオススメはしません。

確かにディフェリンゲルを使用するときに、一緒にヒルドイドローションも使うと乾燥やヒリヒリ感を抑えることはできます。しかし、ヒルドイドローションを塗ることで肌が脂っぽくなってしまい、ディフェリンゲルの効果自体を抑えてしまうことや、逆にニキビができてしまうことがあります。

ディフェリンゲルを使用してニキビ治療を行う場合は、ヒリヒリや赤みなどの副反応が伴うことを理解していただく必要があります。
また、保湿剤を使用しながらじゃないと耐えられないという方は、ディフェリンゲル以外の薬を使うことをオススメします。

3、ディフェリンゲルの効果が現れるまで

ディフェリンゲルの塗り方としては、ニキビがあるところを中心にニキビ周辺も含めて面で塗った方が良い薬になります。
その理由としては、ニキビができている周辺の毛穴も詰まりやすい状況にあるため面で広く塗るのが良いのです。副反応が強すぎる場合は、毎日ではなく1日おきや2日おきに塗ったり、3日塗って4日休むなど、休み休みでも良いので細く長く止めないで使っていただきたい薬になります。

ディフェリンゲルを塗りはじめてから実際に

「ニキビが治った」
「毛穴の詰まりが取れた」

と効果を実感できるまで、1ヶ月ほどかかると思っていただけたら良いかと思います。

そして1ヵ月ほど塗ってニキビがかなりなくなり綺麗になった場合は、どうしたら良いかなのですが、ディフェリンゲルはニキビができる原因になる毛穴の詰まりを防ぐタイプの薬です。

そのため年齢や体質で毛穴が詰まりやすい方は、毎日塗っていたのを最終的には週1回くらいのペースで長く使用していくことが良いと思います。

薬をやめてしまうと毛穴の詰まりは再度できてしまうため、メンテナンスという意味でも週に1回ほどは使用することオススメです。

全くニキビができなくなって3ヶ月ほど経つまではディフェリンゲルの使用を続けても良いかと思います。

この薬の良いところは、肌に対して必要な成分が入った薬のため長期間で塗り続けても皮膚が弱くなったり、肌に悪影響を与えたりすることがありません。

皮膚に必要なものを補ってくれる薬のため、長期間で使用しても良い薬になります。