脂肪を減らす医療用EMS(大阪院のみ)

・筋肉を付けながら、ダイエットをしたい

・きつい運動は苦手だけど体を鍛えたい

・ピンポイントで気になる筋肉をボディメイクしたい

EMSとは?

EMSは、人の体に電気を流すことにより筋肉を動かし、刺激を与える機械です。

筋肉は脳からの電気刺激により動いています。この仕組みを利用し、筋肉に電流を流すことで強制的に収縮弛緩運動をさせるのがEMSのメカニズムです。本来は腰や肩などの痛みを和らげるなどの、リハビリの目的に使用されてきました。

しかし、電気刺激により筋肉の運動になり筋肉が増え、さらに基礎代謝が上がることで健康的に脂肪を減らすことがでいるのです。
お腹周りや太もも・ヒップ・二の腕などの、気になる部分の脂肪の燃焼にオススメな施術です。

EMS

FLALUクリニックの進化したEMSとは?

当院では、伊藤超短波株式会社メビコ・ジャパン事業部と共同でEMSを開発しました。

世界で唯一のEMSのため、従来型の家庭用EMSや汎用型EMSとは違い、よりダイレクトに筋肉へアプローチされるよう設計されております。

EMS

内臓脂肪を減らすためにEMSは最適

内臓脂肪は、残念ながらマッサージで減らすことができず、食事制限でも減りにくい脂肪です。また、脂肪吸引も皮下脂肪しか吸引できません。

本来、内臓脂肪を減らすにはインナーマッスルを鍛え筋肉を増やし、基礎代謝を上げ、内臓脂肪を燃焼させなければなりません。

EMS

EMSで期待できる効果

・体幹部筋肉のトレーニング効果
・体脂肪率の減少
・筋肉量の増加や皮下脂肪の減少
・基礎代謝量の増加
・内臓脂肪の減少

EMSで治療可能な部位

太もも

太ももに使用することで、セルライトの除去や痩身のサポートをします。EMSにより筋肉が増えることで、脂肪燃焼を促し健康的で引き締まった太ももをつくれます。

下半身に脂肪が付きやすい方や太もものセルライトを取りたいとお考えの方にはオススメです。

お腹

EMSをお腹に使用すると、ぽっこりお腹の解消やウエストダウンに繋がります。 筋肉に刺激を与えることで、腹筋のトレーニングと同様の効果が期待できます。また腹筋が付くことで体幹も強くなり、腰痛や姿勢改善も期待できます。

内臓脂肪を減らす方法

日常生活において内臓脂肪を減らすためには、下記のような行動を取る必要があります。

1,筋肉トレーニングを行い、筋肉を増やすことによって基礎代謝量(じっとしていても消費するカロリー)を上げる

2,最低20分以上(できれば1時間)の有酸素運動(ウォーキング、ゆっくりした水泳・ジョギング、サイクリング、エアロビクスなど)を週3日以上(できれば毎日)行う

3,食事のカロリーを抑える(ただし必要な栄養はちゃんと摂る)
の3つを実行することです。

EMSをされた患者様の症例写真

EMS
EMS
EMS
EMS

50代女性モニター前→24回施術後

60代女性モニター前→24回施術後

EMSの施術までの流れ

1.クリニック来院

2.カウンセリングシート記入

3.スタッフによるカウンセリング

※施術内容の確認や、施術を受ける際の注意点、施術部位の確認などを行わせていただきます。

4.施術準備

5.施術

6.施術終了後に再度カウンセリング

7.お会計

8.次回予約

EMS料金

EMSに関するQA

Q,痛みはありますか。

筋肉に電気の刺激を与える施術のため、ピリピリとした刺激を感じます。また、出力を上げると刺激は強くなっていきます。

Q,1回で効果がありますか?

EMSは、筋肉量を上げ新陳代謝を促し痩せやすい体質に変える施術になります。週2回ペースで3ヶ月、週1回ペースで6ヶ月が推奨です。その後も、ご自身の運動とあわせて定期的に施術を受けていただくことをオススメします。

Q,市販のEMSとの違いはありますか?

当院で使用しているEMSは、伊藤超短波株式会社メビコ・ジャパン事業部と共同で開発し製造したEMSです。

世界で唯一のEMSで従来型の家庭用EMSや、汎用型EMSとは違い、よりダイレクトに筋肉へアプローチされるよう設計されております。