ほくろ除去レーザー(大阪梅田院)

ほくろ除去レーザー

FLALUクリニック大阪梅田院では、レーザー照射によるほくろ治療と、切除によるほくろ治療を行っています。

ここでは、レーザーによるほくろ除去治療について詳しく説明していきます。

ほくろとは?

ほくろは医学用語で「色素性母斑」と言います。
ほくろは肌の色素を作り出す「母斑細胞」が増殖することでできる皮膚の良性腫瘍です。

ほくろには生まれつきあるもの、日焼けなど外部からの刺激が原因でできるもの、平なものや盛り上がったほくろなど様々な種類があります。

ほくろの種類

Unna母斑

茶褐色〜黒色の直径1cm程度のやわらかいほくろで、体幹にできることが多いです。
母斑

Miescher 母斑

淡色〜肌色に近い直径7mm前後のドーム状に盛り上がったほくろです。 年齢とともに色が薄くなる傾向にあります。顔や頭皮など首から上にできることが多く、表面はつるつるしており、毛が生えていることがあります。
母斑

Spitz母斑

赤〜黒色の直径5mm前後の、やや盛り上がったほくろで、小児や若い人にできやすいことから「若年性黒色腫」とも呼ばれます。 黒色の場合があること、稀に急激に大きくなることから悪性黒色腫(皮膚がんの一種)との判断が難しいことがあります。
母斑

Clark 母斑

濃淡差のある色調で、直径5mm以上の平ら〜わずかに盛り上がったほくろです。 形はいびつで、境界が不明瞭です。悪性腫瘍と判断が難しいことがあります。
Clark 母斑

青色母斑

やや青みがかった10mm以下のほくろで、少し盛り上がっている場合が多いです。顔や手足の甲にできやすいです。

巨大色素性母斑(獣皮様母斑)

先天性の黒色の母斑で、表面が毛で覆われていることから獣皮様母斑とも呼ばれます。

「巨大」とされるのは、一般的に乳幼児は頭部で9cm以上、体幹で6cm以上、成人であれば部位にかかわらず直径が20cm以上の場合です。

悪性黒色腫の発症リスクが高い(数%程度)ため、巨大色素性母斑は早期に切除することが望ましいです。

こんなお悩みはありませんか?

ほくろ治療
①顔にあるほくろを取り、見た目の印象を変えたい
②ほくろ除去クリームを使っても効果が得られなかった
③ほくろを隠すためについメイクが濃くなってしまう
④突起したほくろが気になって取りたい
このようなお悩みをお持ちの患者様には、ほくろ除去レーザー治療をおすすめしています。

ほくろの症例写真

ほくろ除去レーザー症例写真

治療内容

レーザーでのほくろ除去

料金

3,800円
※診察代、薬代などは別途

詳細

30代女性の、ほくろのレーザー治療後経過6ヶ月後の症例写真です。口元の左下にあったほくろを除去しました。

治療の副反応・ダウンタイム

治療後は2週間ほど自宅で軟膏の塗布、テープでの保護を行っていただきます。数ヶ月程度は、治療した部位が治療前より目立つことがあるのでご注意ください。

ほくろレーザー症例写真

治療内容

レーザーでのほくろ除去

料金

3,800円
※診察代、薬代などは別途

詳細

ほくろのレーザー治療後経過6ヶ月後の症例写真です。鼻の横にあった目立つほくろが綺麗に除去されています。ほくろでお悩みの方はぜひAdeBクリニックまでご相談ください。

治療の副反応・ダウンタイム

治療後は2週間ほど自宅で軟膏の塗布、テープでの保護を行っていただきます。数ヶ月程度は、治療した部位が治療前より目立つことがあるのでご注意ください。

FLALUクリニック大阪梅田院のほくろ除去レーザー

炭酸ガスレーザー

①治療方法について

FLALUクリニック大阪梅田院では、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を使用したほくろ除去の治療を行います。

炭酸ガスレーザーは、老人性のイボやニキビ跡、傷跡などの皮膚の凹凸の改善に適した治療方法です

切ったり削ったりできるレーザーなので、盛り上がったほくろやイボを除去することができます。顔のほくろや体のイボは、炭酸ガスレーザーで治療が可能です。

②治療可能部位について

FLALUクリニックのほくろレーザー除去治療は、「顔のみ」が治療対象部位となります。

顔以外のほくろ治療に関しては、保険治療にて行います。

※保険によるほくろ治療の詳しい内容は、画像をタップしてご覧ください。

1回の治療で可能なほくろの個数

ほくろ治療は、皮膚の深い部分からの治療が必要なため、原則として傷跡が残る治療となります。 そのため初診の患者様には、ほくろの治療個数を制限させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

ほくろレーザー料金

1個(直径1mm)3,800円

※診察料、薬代は別途となります。

大阪梅田院のほくろレーザー治療の流れ

①問診票を記入していただきます。

②スタッフによるカウンセリングを行います。

医療スタッフのカウンセリング

③医師による診察があります。
ほくろを詳しく診察するため、「ダーモスコピー」という特殊な機械を用いて観察します。

④同意書を記入後、治療の部屋へ移動していただきます。

目の下のほくろ

⑤治療するほくろを確認し、麻酔を打ちます。(痛みはチクっとする程度)

⑥麻酔が効いたら治療を開始します。

ほくろ処置:麻酔

⑦治療終了後、治療部位の処置を行います。

ほくろ処置:茶バン①

⑧自宅での処置方法についてお伝えし、治療終了となります。

ほくろ処置後の茶バン②

ほくろ除去レーザーのメリット

ポイント①メスを使用しない

炭酸ガスレーザーは水に吸収されやすい特徴があります。

そのためほくろやイボの細胞の内側にある水分に反応し熱エネルギーを発生させ、瞬間的に蒸散させほくろやイボを取り除くことができるのです。熱影響はほくろやイボに対してのみ起こるため、周辺の正常な皮膚には影響が少なく安全な治療となります。

ポイント②治療時間が短い

ほくろ除去レーザー治療は、ほくろの大きさによっても治療時間は多少異なりますが、1つのほくろの治療にかかる時間は平均的に5分程度と短めです。

治療後は、軟膏を塗布しテープで治療部位を保護します。自宅でも同様に治療後2週間程度は、軟膏の塗布・テープでの保護を行っていただきます。

ポイント③治療の痛みが少ない

レーザー照射前に、治療部位に局所麻酔を行います。そのため麻酔注射のチクッとした痛みは伴いますが、治療の際の痛みはほとんどありません。

治療後の経過と処置について

治療後は自宅にて2週間程度、治療部位への軟膏塗布、テープでの保護を行っていただきます。

また医師に指示がある患者様に関しては、治療後再度クリニックへの来院をお願いすることがございます。

ほくろレーザー除去の注意点

①サイズが大きいほくろに関しては再発のリスクが伴います。再治療は通常料金となります。

②ほくろ治療(自費は、お客様の体質・肌質により凹んだままの状態で傷跡が残ったり、赤みや黒ずみが残る場合があります。

③レーザーでほくろ治療を行う場合は、ほくろの細胞を病理検査に回すことができません。そのため悪性腫瘍の可能性を否定できません。

④ほくろの状態によっては、保険治療による切除をおすすめする場合があります。

ほくろに似た病変

良性の病変

脂漏性角化症

イボ状に盛り上がったシミで、老人性色素斑から症状が進行してできることが多いです。最初は丸みがかった状態から徐々にイボ状に盛り上がってきます。 美白化粧品では効果がなく、レーザー治療が必要となります。

血管腫

主に、顔、首、体などにできる1〜2㎜程度の赤い出物で、正式な名称は「老人性血管腫」と呼ばれます。 まれに4㎜ぐらいまで大きくなるものもあります。 体質的に出やすい人に生じることが多く、体のあちこちに散在して見られる良性腫瘍です。 毛細血管が増殖している皮膚上で露出している状態です。

皮膚線維種

茶色く盛り上がった良性腫瘍で、大人になってから腕や足にできることが多いです。 虫刺されや外傷などからできることが多く、皮膚の浅い部分に硬いしこりが触れる特徴があります。

悪性の怖い病変

悪性黒色腫(メラノーマ)

ほくろによく似た悪性腫瘍(皮膚がんの一種)で、メラノサイト(色素細胞)のがん化によってできると考えられています。

がん化した色素細胞から多量にメラニン(色素)が生み出されるため、黒色の場合が多いです。

しかしごく稀に色の淡いものや極めて薄いものもあります。

悪性黒色腫は進行が早く、他の臓器に転移する可能性も極めて高い非常に悪性のがんです。

ダーモスコピーや病理検査で診断することができ、早期発見ができれば十分に完治が見込めます。

(写真:ダーモスコピーの診かた・考え方より)
悪性ほくろ

基底細胞がん

ほくろによく似た悪性腫瘍(皮膚がんの一種)で、表皮の最下層にある基底細胞や、毛根を包み込む毛包を構成する細胞から発生します。

顔にできることが多いですが、身体中どこにでも発生する可能性があります。

発生する原因としては、紫外線や放射線などが考えられます。

悪性黒色腫とは異なり、転移することは稀です。

通常1〜2mmほどの黒いほくろのような点が出現し徐々に数が増え、円形もしくは楕円形を形成します。

進行していくにつれ中央部がへこみ潰瘍になります。

こちらもダーモスコピーや病理検査で診断することができます。

(写真:日本皮膚悪性腫瘍学会)

悪性 ほくろ

FLALUクリニック大阪梅田院のほくろレーザー除去の予約

ほくろ除去QA

Q.どんなほくろでもレーザーで除去できますか?

FLALUクリニックのほくろ除去レーザー治療は、顔のみが治療対象部位となります。 また治療可能な大きさは、6mm未満となっています。

Q.ほくろ除去レーザーは何歳から受けることができますか?

保護者の同意があれば、未成年のお子様でも治療可能となります。

Q.ほくろ除去レーザーの禁忌事項はありますか?

ほとんどの方が、治療可能ですが患者様の中にはアレルギーなどで麻酔ができない場合もあります。

Q. 治療できない部位はありますか?

ほくろ治療におきましては、背部、頭、唇、陰部は治療できませんのでご注意ください。