ケミカルピーリングの効果

脂漏性角化症

ケミカルピーリングは、肌表面の古い角質を取り除くだけでなく、真皮層に作用することでシミ・ニキビ・シワなどの肌のお悩みに複合的にアプローチできる施術です。

しかし過度にケミカルピーリングを繰り返すと、さらなる炎症の原因となることもあります。

この記事では、ケミカルピーリングの効果について詳しく解説しています。
施術のメカニズムから注意点まで、ご説明していますのでぜひ参考にしてください。

ケミカルピーリングとは

肝斑

ケミカルピーリングは、酸などの薬剤を塗布して角質を除去しターンオーバーを促進する美容治療です。

塗布する薬剤の種類はたとえば以下のとおりです。

・グリコール酸
・乳酸
・サリチル酸
・AHA

酸が肌の表面の角質や古い細胞を分解し、肌表面の角質や汚れを剥離させて肌のターンオーバー周期の正常化を促します。

角質除去により、肌表面のくすみや毛穴汚れが改善してトーンアップを図ります。

また、ターンオーバー促進効果により、色素沈着、シミ、シワ、ニキビ跡などの肌トラブルの改善も期待できます。

メカニズム

ケミカルピーリングが肌に作用するメカニズムを解説していきます。

・薬剤の塗布と角質の除去
・薬剤の浸透
・新しい肌組織の生成の活性化
・ターンオーバーの促進

まず医療用の薬剤(例: グリコール酸、乳酸、サリチル酸など)を患部の肌に塗布します。

薬剤が肌の表面の古い角質や汚れに作用することで汚れが溶けだし、肌表面がクリアになります。

薬剤は肌表面だけでなく表皮の一番外側にある角質層を通り越し、肌の深い部分まで浸透し薬剤が肌の組織に作用し始めます。

薬剤が浸透することで、肌組織の生成を活性化します。

新しい細胞が生まれ、古い角質が取り除かれた部分に新しい肌が形成されます。

新しく生成された細胞によって、肌のターンオーバーが促進されます。

ターンオーバーの正常なサイクルが整うことで、肌が健康的で若々しい状態に向かいます。

酸を塗布して肌表面が剥離するというのは、肌が炎症を起こしている状態です。

炎症を起こした肌は、回復しようと自然治癒力が働き、真皮層が刺激されて新しい肌への生まれ変わりが促進されるメカニズムです。

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングの効果は、肌表面の汚れの除去だけではありません。ケミカルピーリングの主な効果について解説していきます。

ニキビ

背中ニキビ

ケミカルピーリングは、ニキビやニキビ肌に効果があります。

ピーリング作用で余分な皮脂の排出が促され、皮脂のつまりが改善するとニキビができにくい肌になります。

肌のターンオーバーが促進されると、アクネ菌や膿の排出も促されるため、ニキビの炎症や膿の治りを促進することも期待できます。

広い範囲に施術できるため、背中のニキビ治療にも適しています

ニキビは余分な皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌のエサとなることで発生します。

ケミカルピーリングで余分な皮脂を排出することでアクネ菌の増殖を抑えてニキビを改善するのです。

ニキビ跡

ニキビ跡

ケミカルピーリングは以下のようなニキビ跡の改善効果も期待できます。

・色素沈着のニキビ跡
・赤みのあるニキビ跡

ケミカルピーリングはピーリング剤を用いて古い角質を取り除きます。

その結果、肌のターンオーバー周期を整えメラニンの排出や色素沈着の改善が期待できます。

色素沈着の茶色いニキビ跡は、ニキビによる傷ついた部分がメラニン色素を生成し、肌のターンオーバー周期の乱れによってメラニン色素が排出されにくくなっている状態のニキビ跡です。

メラニン色素の排出を促すことで改善ができるのです。

炎症が原因で生じる赤みのあるニキビ跡にも、ケミカルピーリングは効果的です。

ピーリングによって角質が剥がれ、肌の修復を促進することで、炎症による毛細血管の増加が軽減され、赤みが治まることが可能です。

クレーターのニキビ跡への効果は限定的

ケミカルピーリングでクレーター状のニキビ跡をきれいに消すことは難しいとされています。

クレーターのニキビ跡は、ニキビの炎症によって真皮層が傷つき、正常に回復できなかったことで発生します。

肌を真皮層から生まれ変わらせる必要があるため、ケミカルピーリングだけでの効果は限定的です。

ただし、ケミカルピーリングにも真皮層に作用して肌を生まれ変わらせる効果があるため、軽度のクレーターであれば多少の効果は期待できます。

クレーター状のニキビ跡や隆起したニキビ跡は、より真皮への作用が大きく創傷治癒効果が高いダーマペンやスマートサイドドットなどの施術を組み合わせるのがおすすめです。

毛穴

ケミカルピーリングの肌のターンオーバー促進効果は、開き毛穴や毛穴の詰まりにも効果を発揮します。

正常なターンオーバーによって新しい細胞が生成され、古い角質が排出されるため、毛穴の詰まりが改善します。

また皮脂分泌が正常化し余分な皮脂が分泌されにくくなるため、毛穴が詰まりにくくなり開き毛穴の改善が期待できます。

開き毛穴の主な原因は、詰まりや角栓、過剰な皮脂分泌です。

ケミカルピーリングによって過剰な皮脂分泌や角栓の詰まりが解消され、正常な状態に戻ることで毛穴が清潔な状態を保ちやすくなるのです。

小じわ

ケミカルピーリングは、肌の表面に薬剤を塗布して角質層を剥がすことで、肌のターンオーバーを促進し、肌質の改善を図るため、小じわや肌の弾力、ハリの改善にも効果的です。

肌表面の古い角質が剥がれ落ち、新しい細胞が生成され、肌のターンオーバーが促進されます。

肌の表面の細胞の形状や並び方が整い、小じわや肌の凹凸が改善されます。

ケミカルピーリングに使用される薬剤が肌組織を刺激し、コラーゲンの生成を促進します。

コラーゲンは肌の弾力やハリを維持するために重要な成分であり、生成が促進されることで肌が内側からふっくらし、ハリが出てきます。

副作用とデメリットは。やりすぎは良くない?

ケミカルピーリングのダウンタイムはごく軽いと言われていますが、軽度の副作用が起こるケースもあります。ケミカルピーリングの副作用と注意点は主に以下のとおりです。
シミ

皮膚の赤み

ケミカルピーリングによって、角質層が剥がれることで皮膚が刺激を受け、赤みが生じることがあります。

これは一時的なもので、通常は2~3日で治まります。

アレルギー反応

ピーリング剤に含まれる成分に対するアレルギーがある場合、赤みや痒みなどのアレルギー反応が起こる可能性があります。

色素沈着

ケミカルピーリングによって過剰な刺激を受けると、色素沈着のリスクが高まります。

特にアジア人の肌は色素沈着が起こりやすいため、注意が必要です。

クリニックでは慎重に酸性度や濃度を調整し、肌の状態を観察しながら施術を行います。

乾燥

ケミカルピーリングによって一時的に角質層が取り除かれるため、肌が乾燥しやすくなります。

施術後は適切な保湿ケアが必要です。

ケミカルピーリングをやりすぎると

ケミカルピーリングをやりすぎると、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。いずれも適切な治療頻度を守れば回避できる症状です。
ニキビ跡

肌荒れが発生する

ピーリングをし過ぎると、肌の自然な修復能力を上回るダメージが蓄積され、肌荒れが起こりやすくなります。

肌が過剰に刺激されると、赤みやかぶれなどの症状が現れることがあります。

炎症が起きる

ピーリングを繰り返すことで、肌が過敏になり、炎症が起きる可能性があります。

ピーリングを施した肌は、炎症が起きている状態なので炎症が慢性的に続くと、肌トラブルが悪化し、治癒が難しくなります。

乾燥状態が続く

ピーリングは角質を取り除く作用がありますが、過度なピーリングは肌の保湿バリアを破壊し、乾燥が進む可能性があります。

乾燥しやすい肌はシワやシミのトラブルが起きやすくなります。

ビニール肌

ピーリングをしすぎると、角質層の再生周期が乱れ、肌が過剰に薄くなり、キメが整わない状態が生じることがあります。

これが俗に言う「ビニール肌」で、一見なめらかな肌に見えますが、実際は肌が弱っていてトラブルが起きやすい不健康な状態です。

Q&A

ケミカルピーリングに関するよくある質問や回答をまとめました。

ケミカルピーリングは自宅でも受けられる?クリニックで受ける場合とセルフとの違いを教えてください

自宅でセルフケミカルピーリングを行うことは可能ですが、より高い効果や専門的な治療を求める場合にはクリニックでの施術がおすすめです。

セルフでのケミカルピーリングで使用される薬剤の濃度は低めで、2.5~7.5%程度です。医薬部外品や化粧品に分類され、自宅での使用が許可されているためです。そのためお肌のお手入れや軽度な改善効果にとどまります。肌のざらつき、軽度な毛穴のつまりを改善する目的で使用します。

一方クリニックでのケミカルピーリングは、薬剤の濃度が20~30%程度と高く、セルフケアより高い効果を見込めます。医療機関でのケミカルピーリングは、医師や看護師が施術を行うため、万が一の肌トラブルに対しても迅速なケアが可能です。

何回くらいで効果を実感できる?

毛穴詰まりの改善は、1回で効果を実感します。薬剤によって余分な皮脂や汚れが落ちるため肌全体がトーンアップしたように感じます。

毛穴の開き・ニキビ・小じわなどの改善効果は、複数回の施術が必要です。ニキビの場合、中等度の症状であれば平均6回、重度の場合は平均10回の治療が目安とされます。シミやしわに対する治療も同様に、複数回の施術が必要です。

通常は2週間に1回が施術の目安です。効果が確認できたら、徐々に施術の間隔を広げ、1ヶ月~1ヶ月半に1回の頻度にすることが一般的です。そのためニキビや開き毛穴などの改善効果を実感するには、1年ほどの期間がかかります。

ケミカルピーリングの効果は治療回数が進むにつれて持続期間が長くなります。初めのうちは効果があまり現れなくても、治療が進むと急激な改善が見られることもあります。

ダウンタイムはある?

ケミカルピーリング後は2~3日のダウンタイムがありますが症状は軽いとされています。ピリピリとした刺激や赤み、乾燥があるため、紫外線対策や適切な保湿が必要です。通常、症状は軽度で数日で治まります。まれに水ぶくれやかさぶたができる場合があるので、異常な症状が見られれば専門医に相談することが大切です。

ケミカルピーリングはニキビのある方におすすめの治療

ケミカルピーリングは、ニキビがある方におすすめの治療方法です。

・一般的なニキビ治療で、ニキビがなかなか治らない方
・ディフェリンゲルがヒリヒリして使いにくい方
・自分ではケアしにくい、背中や胸元のニキビがある方
・ニキビができることを予防したい方
 
・膝の黒ずみが気になる方
・肘の黒ずみが気になる方
・ヒップラインの黒ずみが気になる方
・二の腕のざらざらが気になる方

どんな悩みに効果があるの?

ニキビを改善したい!

・腫れていない白ニキビ
・イチゴ鼻で目立つ黒ニキビ
・触ると痛い腫れた赤いニキビ

ケミカルピーリングは、どのタイプのニキビにも効果的です。

更に今あるニキビだけではなくて、今後出てきそうなニキビも、ニキビになる前に退治してくれる良い治療です。

「腫れたニキビがある場合」

2週間に一度のケアがおすすめ。飲み薬やニキビの塗り薬も一緒に使っていきましょう。

「白ニキビ・イチゴ鼻・ニキビ予防の場合」

3~4週間に一度のケアがおすすめです。ピーリングだけの簡単ケアでもOKです。

体のあちこちの黒ずみを改善したい!

ヒップライン、膝、肘、くるぶしなど、体のあちこちの黒ずみ・ゴワゴワは美白クリームだけを塗ってもなかなか取れません。

ケミカルピーリング+美白クリーム

この組み合わせで、ゴワゴワになっている皮膚をすべすべにし、角質にたまっている黒ずみをピーリングで一掃!

更に美白クリームで、よりクリアな肌に導く。

ゴワゴワ・黒ずみが強いケース:2週間に一度のケアがおすすめ

ゴワゴワはあまり強くない:4週間に一度のケアがおすすめ

治療時間・回数について

・施術時間は30分程度

痛みはほとんどありません。

若干ピリピリする程度で、治療後の反応・赤みやかさぶたなどの症状はありません。

すこし乾燥する程度です。

FLALUクリニックの予約