背中ニキビの治し方!良く効く2つの市販薬

今回は背中にできるニキビの対策についてお伝えしていきます。

背中ニキビのタイプ

背中にできるニキビは3つのタイプに分かれます。

①通常のニキビ。
②汗かきの方や脂っぽい食事を好む方に出来やすい、カビによるニキビ。
③感想や掻きむしってしまうことが原因でできる湿疹タイプのニキビ。

があります。

背中ニキビ

今回はその中でも、汗かきの方や脂っぽいものが好きな方にできる、カビによるニキビに対する治療です。
このタイプのニキビは、クリニックを受診しニキビ用の処方してもらってもニキビが治らないときがあります。

あくまでニキビ用の薬は、「ニキビ=アクネ菌」によるものには効果があるのですが、汗かきの方や脂っぽいものが好きな方にできるニキビは、ニキビみたいに見えるカビなのです。
そのためカビの薬を使用しないと効果が出ないのです。

良く効く2つの市販薬

カビが原因でできるニキビに対して当院で処方するのが、「ケトコナゾール」という成分が入っている薬になります。
ケトコナゾールはニキビにも湿疹にも効果があります。また、塗ってかぶれる可能性も低いためとても使いやすい薬だと思っています。

軟膏

「こういった薬がドラックストアで手に入るのか?」ということなのですが、私自身もドラックストアに行き色々と探してみました。

ケトコナゾールは残念ながら見つけることはできませんでした。しかし、ドラッグストアの水虫薬が売ってるコーナーに置いてあったのが、有効成分が「ラノコナゾール」というタイプの薬と、「ミコナゾール」というタイプの薬になります。

ケトコナゾール、ミコナゾール、ラノコナゾールに関しては、背中にできるマラセチア毛嚢炎(カビによるニキビ)に効果のある薬となります。

背中に1日1回塗っていただければ十分です。
1週間ほど使用し痒みや赤みがある場合は、かぶれている可能性がありますので、薬の使用をやめてください。1週間使用し特に問題がない場合は、もう1週間合計2週間使ってみてください。
2週間使用し効果がみられる場合は、さらに2週間ほど使用していただけると良いと思います。

注意点なのですが、ドラッグストアの水虫薬が全てカビによるニキビに効果があるわけではありません。先程お伝えしたように、カビのニキビに効果があるのは、ケトコナゾール・ラノコナゾール・ミコナゾールが入っているものに限りますので注意してください。

わからない場合は、無理をせず病院で相談することをオススメします。

マラセチア毛嚢炎に効き目のない水虫薬を使ってしまうと、水虫の薬に入っている刺激の強い殺菌成分で、肌がかぶれてしまう可能性がありますので気をつけてください。

背中ニキビのまとめ

カビのニキビに効果がある成分
①ケトコナゾール
②ミコナゾール
③ラノコナゾール
の3つになります

これらの薬を使い続けニキビが1度治っても、汗をかきやすい方は再度カビによるニキビが増えることが考えられます。その場合はスキンケアとして予防的にミコナゾールが配合されているボディーシャンプーを使用することをオススメします。

ボディシャンプーになりますので、洗い流しますので薬ほどは強くないです。また配合されている濃度も薬ほどは濃くはないです。
そのため治るまでの効果は少ないと思いますが、予防には十分効果があると思います。

背中ニキビ

女性の場合は、シャンプーやリンスで髪を洗い流した際に、成分が背中に流れてしまい二キビが悪化する場合があります。
その場合は、ミコナゾールが配合されたシャンプーやコンディショナーがありますので、併せて使っていただければ、より背中のニキビの改善に繋がりますのでお試しください。

背中ニキビの治し方!良く効く2つの市販薬

皮膚科専門医Dr.mikoの美容チャンネルでは「さあ、キレイ楽しもう!」をテーマに皆様のお役に立ちそうなスキンケア情報、皮膚トラブルへの対応、美容皮膚科のエッセンスなどをお伝えしております。
「面白かったな!」「ためになったな!」と思っていただけましたら好評かとチャンネル登録をよろしくお願いします。