ニキビ跡(赤みや色素沈着)

ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、ニキビ自体が治った後でも赤みや色素沈着、肌の凹み(クレーター)などが残ってしまった状態を言います。

人間の皮膚は、表面に近い部分から「表皮」「真皮」「皮下組織」に分かれています。肌のバリア機能が低下した状態で、ニキビの炎症が続くと細菌がみるみるうちに繁殖し、真皮や皮下組織にまで修復が難しいダメージを与えることがあります。修復できない状態になると、ニキビ跡になってしまいます。
そのため、できてしまったニキビのケアをしっかりと行わず放置していると、ニキビ跡になる可能性が高くなります。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡にも様々な種類があります。ニキビ跡を改善する際には、症状にあった治療を受ける必要があります。それぞれのニキビ跡ができる原因と症状の特徴について説明していきます。

クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡ができる原因は、炎症によって肌の真皮層が破壊されることです。ニキビが悪化し炎症が続くと、炎症を抑えるために白血球が働き毛穴周辺にある真皮の細胞組織を破壊してしまうのです。

クレーターにはアイスピック型やボックス型など様々な種類があります。またクレーターになりやすい部位としては、眉間や鼻・こめかみなどがあげられます。

クレーターになりやすい、なりにくいは体質なども関係しますので炎症を起こしたニキビは無闇に潰さないようにしてください。
クレーターになってしまうと、皮膚が硬くなってしまうこともあり元に戻すことが困難になります。早めにクリニックを受診し相談することをオススメします。

赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡ができる原因は、炎症がまだ残っていたり、炎症によって薄くなった皮膚の下にある血管が透けて赤みが生じることです。

ニキビによる炎症が長引くとニキビが治った後も赤みが引かないこともあります。

また炎症によって破壊された細胞を修復するために、周囲の毛細血管が開き赤みが増すこともあります。

赤みがあるためニキビと間違って潰そうとすると、肌をさらに傷つけてしまう可能性があるので注意してください。赤みが発生すると自然と治ることがありませんので、早めにクリニックを受診してください。

色素沈着によるニキビ跡

赤いニキビ跡ができてしまった際に、肌のターンオーバーのサイクルが乱れや、肌の深部まで炎症が進行することで色素沈着を起こすことがあります。

これは、肌の内部にあるメラノサイトの誤った働きによるものです。メラノサイトの本来の働きは、紫外線のダメージから肌細胞を守るためメラニンを生成する働きを持っています。

しかし、炎症によって刺激を受けると誤ってメラニンを生成してしまい色素沈着を起こすのです。また、炎症が起こった部分には細胞を修復しようと毛細血管が集中します。

炎症を起こしている部分の毛細血管は破損しているため内部の血液が酸化し、紫色に変色をして色素沈着を起こす可能性もあります。

症状が軽い場合は、半年ほどで自然と治癒しますが、紫外線を浴び続けてしまうとメラニンが再び生成されてしまい、症状が改善されないので注意してください。

しこりによるニキビ跡

ニキビの炎症が皮膚の深い部分にまで及んでしまい、皮膚が過剰に再生されることで、肌の表面が膨れてしまった状態です。しこりには触れても痛みを感じることはありません。

しこりによるニキビ跡は、粉瘤というできものとよく似ているため、見間違えることが多いのも特徴です。

粉瘤の場合は手術による処置が必要になります。大きい膨れや、しこりのような状態になった場合は早めにクリニックを受診してください。

ケロイドによるニキビ跡

しこりによるニキビ跡よりも状態が悪化し、ミミズ腫れのようになってしまったのがケロイドによるニキビ跡です。

何度も同じ部位にニキビができてしまい、皮膚の再生が繰り返し行われることでできてしまうニキビ跡です。
ケロイドによるニキビ跡は、フェイスラインや顎下など皮膚が常に張っている部位にできやすいのが特徴です。

通常はいくつかの治療方法を組み合わせて治療に当たります。症状の重度にはよりますが、長期的な治療になる場合は多いです。

ニキビ跡

ニキビ跡ができるまでのメカニズム

①毛穴から皮脂が増える

ニキビ跡

②白ニキビができる

ニキビ跡

③皮脂が溜まり炎症が起こって、赤ニキビになる。

ニキビ跡

④アクネ菌が皮膚組織を破壊。毛穴の構造が崩れる。

ニキビ跡

⑤ニキビが治った後でも、ニキビ跡として残ってしまう。

ニキビ跡

ニキビの種類とニキビ跡になる可能性

白ニキビ:ニキビの初期段階、早めのケアでニキビ跡の回避可能

白ニキビはニキビの中でも初期の段階です。毛穴に皮脂が溜まり肌を押し上げることでできます。

白ニキビには痒みや痛みが生じることはありませんが、症状が悪化すると治りにくくなります。ニキビ跡を予防するためにも白ニキビの段階で治すことが望ましいです。

黒ニキビ:これ以上の進行はニキビ跡になる可能性あり

白ニキビが悪化して毛穴がつまり、奥に溜まった皮脂が酸化することで黒くなります。

黒ニキビは炎症が起こっていないので、症状としては初期に分類されます。そのため黒ニキビになってしまった場合は、ニキビ跡を予防する意味でもそれ以上症状が進行しないように注意しなければなりません。

赤ニキビ:ニキビ跡が残りやすいので早めのケアが必要

赤ニキビはアクネ菌によって炎症が起こっているニキビです。アクネ菌は正常な肌にも存在していますが、空気に触れない密閉された空間では一気に増殖する性質があります。

毛穴に溜まった皮脂がどんどん腐ることで遊離脂肪酸という物質に変化しアクネ菌と結び付くことで炎症の元となる物質ができ赤ニキビになります。

赤ニキビは比較的ニキビ跡に残りやすいです。悪化させないように早めにケアを行ってください。

黄ニキビ:ニキビ跡が残る可能性が高い

赤ニキビの炎症がさらに悪化すると黄ニキビができます。

黄ニキビとは、ニキビが化膿して表面が盛り上がり膿が溜まっているのが目で見てわかる状態です。

強い炎症が長期間続いてしまうと、ニキビ自体が治ってもニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなります。

ニキビが治らない原因

スマートサイドドットによるニキビ跡治療

スマートサイドドットとは

Smartxide DOT(スマートサイドドット)とは、DEKA社(イタリア)のフラクショナル炭酸ガスレーザーのことです。

毛穴の開き、ニキビ跡や小じわなど、肌の表面のお悩みを解決するレーザーです。

ニキビ跡の中でも、クレーターになってしまったニキビ跡に効果を発揮してくれます。

・ニキビ跡の凸凹を滑らかな肌に改善

・気になる毛穴を引き締めて、毛穴レスの肌に

・目の周りのたるみが解消して目がぱっちり開くように

・顔全体の小じわを引き締め、ハリのある肌に

・ザラザラ・ゴワゴワ肌が気持ちの良いツルツル肌に

・ひっかき傷、手術の痕の傷を目立たなくする

・リストカットの傷跡を目立たなくして半袖が着られるように

あなたのお肌に様々な劇的な変化をもたらす、確実に効果を実感できる治療です。

スマートサイドドットの詳細は下の画像をタップしてご確認ください。

フラルスキン治療によるニキビ跡治療

フラルスキン治療とは

フラルスキン治療とは、トレチノインとレアセラムの2種類を顔全体に使用し、オリジナル化粧品と合わせて、日々のスキンケア感覚で簡単に自宅でできるシミ治療です。

基本的にはフラルスキン治療はシミ治療の一つとして用いられることが多いですが、炎症後色素沈着を起こしてしまったニキビ跡の改善にも効果を発揮してくれます。

トレチノイン

効能:今あるシミを押し出す 健康な肌にする 肌のハリを出す

医薬品ですので、医師の処方箋がなければ使用できません。
肌のターンオーバーを正しいサイクルにします。

フラルスキンについての詳細は下の画像をタップしてご確認下さい。

フォトフェイシャルによるニキビ跡治療

フォトフェイシャル®はフォトフェイシャル協会加盟医療機関のみが行える医療行為となり、当院は公式認定医療機関となります。

フォトフェイシャルにより、特殊な光を肌に照射することで、肌トラブルの原因を改善します。メラニン色素や毛細血管にダメージを与え、シミやそばかす、くすみ、ニキビ・ニキビ跡、赤ら顔の肌悩みを総合的にケアできる治療法です。

フォトフェイシャルの詳細に関しては下の画像をタップしてご覧ください。

ニキビ跡治療はこちらから

ニキビ跡治療までの流れ

①クリニック来院

②問診票の記入

③スタッフによるカウンセリング

④医師による診察

⑤治療準備

⑥治療

⑦治療後のアフタターケア・自宅でのケア方法を説明

⑧お会計

⑨次回予約