肝斑(顔全体のくすみ)

肝斑の治療によく使用されているレーザートーニングについてご説明していきます。

肝斑とは

女性の頬によくみられる肝斑の画像
肝斑とは、基本的に両頬骨のあたりに左右対称にモヤモヤとした色が出ることが多く、女性に比較的多く見られるシミの1つです。 シミではあるのですが、1つ1つ点々であるシミではなくて面で塗ったような形で出てくるものが肝斑というシミになります。
肝斑の画像
肝斑の治療の際に大事なのが、『肝斑はすごく厄介なシミ』だと認識することです。 そして厄介なシミをどのように治療しようかという作戦を立てなくてはいけません。 私自身も患者様の治療をしていて、通常のシミの治療より、肝斑の治療は大変であったり、少し厄介なことが多くあるなと感じるときがあります。 そのため、肝斑については治療を頑張らないといけないですし、通常のシミの治療とは少し違う治療を行わないといけないということをご説明いたします。

肝斑治療と通常シミ治療の比較

「肝斑の治療は、通常のシミ治療と何が違うの?」ということで、肝斑の治療の時にレーザートーニングというレーザーを使用していきます。 これが他のレーザーの治療と少し異なる部分があるのです。

シミの治療

通常の「シミの治療」はシミのある箇所にレーザーを照射し、照射した部分が「かさぶた」になりポロッと剥がれて取れるのです。 1回か2回の治療でシミは取れてきます。

肝斑治療

それに対してレーザートーニングによる治療はの治療は、回数が5回〜10回程必要になります。 逆に1回で治療しようとすると肝斑は悪化してしまいます。 そのため、肝斑の治療は5〜10回ぐらい時間をかけて根気良くやっていく必要があります。

肝斑は刺激に敏感、レーザー治療で悪化する理由

なぜ治療に時間がかかるかというと、肝斑は刺激にとても敏感なシミになるからです。 刺激を受けると、
『細胞が刺激された』 → 『皮膚を守らないといけない』 → 『色を作って肌を守ろう』
と働いてしまうのです。 紫外線に当たった時に、日に焼けて細胞が壊れないようと、肌の細胞は色を作ることによって自分の細胞を守ります。 それと同じ作用を強い刺激を受けた時に、本来は紫外線ではなく刺激であるにも関わらず、勘違いをし「色を作って守らないと!」と働いてしまい、逆に濃く悪化してしまうのが「肝斑」なのです。 そのため通常のシミ治療のように強いパワーでレーザーを当ててしまうと、レーザー照射後に細胞が攻撃されたから守らないと思いどんどん悪化し色をつくってしまうのです。 これだとせっかく肝斑の治療をしているのに、どんどん肝斑が濃くなってしまうので、気をつけなければなりません。

肝斑を悪化させずにレーザー治療するには

トーニングレーザー
ではどうすればいいのかというと「刺激を受けたというのを気づかれない様に治療する」のです。 つまり刺激だと気付かれないくらいの弱い刺激の弱い治療が肝斑にはオススメです。その治療法がレーザートーニングという治療になります。 レーザートーニングは1回の威力はそこまで協力ではない治療です。 顔全体にパチパチパチとレーザーを当てていく治療になりますので、かさぶたにもなりません。 多少の痛みはありますが、我慢できなくて大変ということは基本的にはなく、治療後にテープを貼るなどの大変な処置も必要ないので割と気軽な治療です。

レーザートーニングにより、少しずつ回数をかけてゆっくり色をとっていくのがレーザートーニングの治療になります。

例えるなら、通常のシミレーザーがパーンと当てて、1回でシミが取れるというのに比べてレーザートーニングは1回目は一番上の薄い1層を治療しましょう。

2回目は2層目を治療、その次は3層目、その次は4層目を治療しましょうという形で、シミはある程度の厚みがありますので、1回で治療するのではなくて回数を分けて少しずつ剥がしていく治療になります。

レーザートーニングの回数に関しては最初に5回から人によっては10回ぐらいとお話ししました。最初の5回までは1週間に1回や長くても2週に1回ぐらいのペースで治療していくことがオススメです。

そしてある程度色が取れた場合は、今度は新しく出てくる色を予防すれば良いため、その段階では週1回の必要もありません。

1ヵ月に1回メンテナンスをしたり、日に焼けた後で肝斑が濃くなったなと思ったら1週間に1回を2、3回行います。

また色が取れて調子が良くなってきたら月に1回ぐらいのペースで治療をしてきましょう。

治療時の注意点

治療の際に注意しなければいけないことがあります。

レーザートーニングでの肝斑治療の際に、回数を増やせば綺麗になるのであれば、20回でも30回でも1週間に1回を立て続けにやろうと思う方も中にはいらっしゃいます。

やりすぎもどちらかというと禁物です。

やりすぎてしまうとレーザーのパワーで後々色が抜けてくることがあります。もともと肌色だった肌が肌色がなくなってしまい白斑という白い肌になってしまうのです。

白斑になってしまうと、逆に白い所と肌色のところがあり、まだらで綺麗な肌ではなくなってしまうのでオススメできません。

そのため目安としては、5回から多くても10回ぐらいが週に1回から、2週に1回ぐらいのペースになります。

それが終了したら、1ヵ月に1回ぐらいのペースでメンテナンスし、その合間に白斑が起きていないかを顔の写真を撮るなどして確認してください。

安全に安全に治療していくことがオススメです。

肝斑治療

肝斑治療
今日は肝斑の治療についてレーザートーニングのお話ししました。通常のシミの治療と違ってレーザートーニングは色を作る細胞に気づかれないようにこっそりと治療をしていくタイプのレーザー治療です。 少し回数は必要ですが、レーザーの刺激で毛穴も引き締まり肌のハリも出る治療です。そういった意味では、肌の色が改善するだけの治療ではないため、複数回を治療するメリットもあるなと思ってます。